住宅ローンの金利を比較する前にあなたのタイプをしっかり認識しておきましょう

 

  • 新規で住宅を取得する場合に申込む住宅ローン
  • すでに住宅ローンを組んで支払い途中のものを別の金融機関の住宅ローンに借り換える

新規で住宅を取得する場合に申込む住宅ローン

建売を購入する場合
  • すでに建っている
  • 若しくはすでに設計図が出来ており色んなオプションを選べる

といった建売で家を購入する方が大半だと思いますが、そういった方は住宅ローンに関しては、

 

  • 住宅ローンのことを詳しく知らない
  • 面倒だし販売会社の紹介している金融機関で決めてしまう

といった傾向が強いようです。なぜなら

 

  • あなたの与信状況を判断してここなら審査が通りそうと販売員が薦めてくれるから。
  • 住宅ローンの審査内容はあなたの与信(生計を共にする大人の家族)のみで終わるので早い。

そうなのです。住宅販売会社は予め販売する家の審査を紹介する金融機関の審査に通しているので後は購入者の審査のみで完了するのです。

 

ですので、住宅販売会社の紹介する金融機関で住宅ローンを組む方が多いのですが、実は

 

もっと金利の低い住宅ローンがあるのです!


なぜ住宅販売会社の紹介する金融機関の住宅ローンが低くないのかというと、

 

住宅販売会社と組む事により金利競争に晒される事なく顧客が獲得できるからなのです!


すでに住宅ローンを組んで支払い途中のものを別の金融機関の住宅ローンに借り換える

住宅ローンの金利の今後の推移を予想する

住宅ローンについては、今後も金利が下がり続けるのではないかと予想しており、今の水準からさらに小さな金利に変わってしまうことが想定されます。

 

これは、住宅ローン自体が利用しやすいものとなるだけでなく、さらに多くの方に利用してもらいたいと、銀行側が考えているサービスの1つでもあります。

 

より低金利で借りられる住宅ローンにしておくことによって、利用者の促進を図ることができて、借りるときに得をすることができる住宅ローンとなります。

 

そのため今後も金利は下がり続けていくことが予想され、もし下げることができない場合でも、

 

 

キャンペーンを併用することによって可能にするケースはあるかもしれません。


こうした小さな金利で使うことのできる住宅ローンは、借り換えをしたほうが便利かもしれません。しかし同じ銀行でお願いすることは不可能となっていますので、別の銀行がどれくらいの金利で提供しているのかを確認して、そちらに移動することを考えていくことになります。

 

その上で銀行側に申し込みを行って、最低でも審査を通過しなければなりません。借り換えをお願いしている場合でも、審査を通過することができなければ何の意味も無い状態になります。

 

そして審査を通過した時点で、借り換えをするために一括返済をお願いしておくことになります。これは現在借りているところにお願いして、一括で返済できる状態にしてくださいと伝えるのです。

 

こうして必要な手続きを行ったところで、新しく借りるところに一括で出してもらい、住宅ローンの返済を行います。これで借り換えが完了することになるので、後はその住宅ローンの返済を行えば完了となります。

 

住宅ローンに必要な書類については、まず身分証明書が必要となります。この人は正しいのかをチェックするために必要なこととなっていて、住宅ローンだけでなく他のローンでも必要なものとなります。

 

次に収入を証明できる書類が必要となり、返済する力を持っているかどうかを判断されることになります。力が無いと判断されると、その時点で利用することは不可能となってしまうので、いい情報を提供しなければなりません。

 

さらに住宅ローンに利用するかどうかを知るため、物件などの情報を提供することになります。これらの書類を全て提出しなければ、住宅ローンの審査は行われないことになります。

 

必ず提出して自分が信頼できると判断してもらい、銀行側がいいと思ってくれれば、住宅ローンは利用可能となります。

次々と住宅ローンの金利が下がり始めている

大手銀行は、色々な事情もあって住宅ローンの金利を引き下げています。

三井住友銀行

三井住友銀行は、これまでの金利を0.9%まで引き下げるような状態になっていましたが、これをさらに引き下げて0.8%にしています。

みずほ銀行・りそな銀行

みずほ銀行やりそな銀行についても、同様に0.8%まで引き下げを行っているくらいですから、相当下げている銀行が多くなっていることは間違いありません。

預金の金利も下がるので今は借り得

このような最低クラスの金利にまで落ちている状態ですが、預ける場合はさらに低い金利が適応されてしまうことになります。銀行に預けている金額については、一応金利によって増えることになっており、定期預金でもある程度の数字は確保されています。

 

しかしその数字も下げられる可能性があり、金利という数字については次々と下の方向にされてしまう恐れがあります。こうした状態になってしまったのは、マイナス金利と呼ばれるものが原因です。

 

日銀が導入したマイナス金利によって、金利分を上昇させていくことが困難となっており、銀行側はやむを得ず金利を引き下げることで安定化を図ろうとしています。

 

もし金利が高くなっていくようなら、さらに金利は上げてもよかったのですが、下げてしまったことでマイナス方向にしか影響が出なくなり、金利については下げていくしかないのが現状となっています。

 

これは、日本経済にも影響を及ぼしていることです。金利が下げられることによって、利用者を拡大しようという狙いこそ持っていますが、利用してくれる人がいなくなってしまうと、日本経済の停滞は避けられないこととなります。

 

また、いくら効果の高い方法だと思われていても、金利が下げられてしまうことで、嫌悪感を持たれてしまうこともあります。これによって、海外の投資家が次々と撤退しようと考えてしまうようになると、株価に影響が出てしまうことになります。

 

これは大きな問題となってしまい、場合によっては日本経済を悪化させる原因になってしまうのかもしれません。

日銀のマイナス金利政策は住宅ローンの金利にどう影響するのか?

マイナス金利とは、文字通り金利がマイナスになってしまうことです。普通はお金を預けると利子がつくわけです。超低金利と言われる昨今でも、雀の涙ほどの利子はついているわけです。

 

先日、発表された日銀のマイナス金利は今回、日本で初めて導入されるもので、まさに史上初の政策と言って良いわけです。しかし勘違いしてはいけないのは、

 

 

これは日銀、つまり日本銀行が行うものであって一般の都市銀行や地方銀行が行うものではないということです。


つまり、一般の預金者が銀行にお金を預けているからと言って、銀行にマイナス分の金利を取られるということではないのです。そうではなくて、

 

 

金融機関が日銀にお金を預けた場合に金利を取られるということなのです。


日銀としては都銀や地銀などが

 

 

日銀にお金を預けずに、自分たちで融資先を見つけたり、運用をしなさい


という意味を込めた政策と言えます。ではこうした金融政策によってどのような影響が出てくるのでしょうか?

普通預金の金利はどうか?

先ず言えるのは一般の預金者が、銀行にお金を預けた場合の金利も当然下がります。今が雀の涙だとすれば、アリの涙になるかもしれません。

 

また、長期金利にも同様の影響が出ると見込まれます。預ける側にとっては、利子が減少することを意味しますが、お金を借りる側にとっては、金利が下がるので、借りやすい環境となります。

住宅ローンの金利はどうか?

例えば、これからマイホームを購入するつもりの人なら住宅ローンの金利が下がるため、ある意味買い時と言えます。

 

 

実はこうした効果を狙って日銀はマイナス金利政策を行っているわけです。


つまるところ、マイホームを購入するという行動は国が求めているものであるわけで、そのために政策誘導されているということが言えるのです。住宅ローンの中で金利が占める割合は非常に高いものですが、これが圧縮されるわけですから今がチャンスとも言えます。

 

但し、ローンが固定金利ではなく変動型の場合、金利が上がればそれに伴ってローンの金利も上がるので、その点は注意しておくべきです。

 

日銀が狙うところではありませんが、これに伴い住宅ローンの借り換えも狙い時なのは言うまでもありません。