即日融資の可能性の高いカードローンなら大手消費者金融

即日融資を受けるのに際して重要視しなければいけないことは以下の3要素です。

 

 

  • 審査スピードが早い
  • 金融機関への振込可能時間が長い
  • 自動契約機が多数あり即日カード発行が可能

審査スピードが早い

カードローンの中には審査に丸一日掛かる業者や翌営業日まで掛かる業者があります。基本大手消費者金融は、個人への無担保融資を昔からしているので審査システムのインフラが整っており、スピード審査が可能です。

 

審査が終わらないことには契約⇒融資と進めませんので即日融資にも重要な第一歩となります。

大手消費者金融の公示審査時間・融資時間
申込 公示審査時間 公示融資時間 実質年率 借入可能額
プロミス 最短30分 最短1時間 年4.5%〜17.8% 最高500万円
プロミスレディース 最短30分 最短1時間 年4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 最短30分 最短1時間 年3.0%〜18.0% 最高800万円
モビット 最短30分※1 最短即日※2 年3.0%〜18.0% 最高800万円

※1 審査時間は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2 融資時間は14:50迄の振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合もあります。

金融機関への振込可能時間が長い

振込融資で即日融資を受けたい場合には、曜日と時間に注意しなければなりません。これは振込まれる側の金融機関の営業日・時間に左右されるものですが、各社の金融機関との提携などにもよりますので、じぶんの持っている金融機関ではどうなのかしっかりチェックしておきましょう。

大手消費者金融の振込融資可能時間
申込 即日振込可能時間 24時間365日振込可能口座 実質年率 借入可能額
プロミス 平日14:00までにオンライン契約完了 三井住友銀行・ジャパンネット銀行※1 年4.5%〜17.8% 最高500万円
プロミスレディース 平日14:00までにオンライン契約完了 三井住友銀行・ジャパンネット銀行※1 年4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 平日14:00までにオンライン契約完了 楽天銀行※2 年3.0%〜18.0% 最高800万円
モビット 平日14:50迄の振り込み手続き完了 なし 年3.0%〜18.0% 最高800万円

※1 口座登録が必要になります。
※2 メンテナンス時間以外

自動契約機が多数あり即日カード発行が可能

振込可能時間を過ぎての即日融資や、土日祝日の即日融資は特別な振込提携(プロミスは三井住友銀行・ジャパンネット銀行、アコムは楽天銀行等)がない限りはその日にカード発行してキャッシングするしか方法はありません。

 

そうなるとネット申し込みをした後に、自動契約機までカードを取りに行かなければ行けませんので、近くにその自動契約機があるかどうかが即日融資の鍵を握ります。ですので、

 

 

自動契約機の設置台数が即日カード発行での即日融資に直結します。


もちろん銀行カードローンでは自動契約機を持っている銀行は少なく、大手消費者金融であれば近くでの自動契約機が見付かります。またATMを併設している事によってその場で手数料無料でスグキャッシングができるようになります。

大手消費者金融の振込融資可能時間
申込 全国の自動契約機設置店舗 内ATM併設店舗 実質年率 借入可能額
プロミス 1,700台 1,694台 年4.5%〜17.8% 最高500万円
プロミスレディース 1,700台 1,694台 年4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 1,109台 1,109台 年3.0%〜18.0% 最高800万円
モビット 435台 なし 年3.0%〜18.0% 最高800万円

以上の即日融資条件を踏まえた上での優秀なカードローンは以下のとおり。

即日融資に欠かせないカードローン

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

プロミスの即日融資は、振込では平日14:00までに契約完了で可能。三井住友銀行・ジャパンネット銀行のいずれかの口座なら瞬フリ※1で曜日を問わず24時間365日最短10秒で振込が可能。即日カード発行して即日融資を受ける際も契約完了で最寄の自動契約機で可能です。(全国に1,700台※2あります)
即日融資のスピード・方法とも業界随一で初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)があるので利息が少なくなります。最高金利も低く女性にも女性オペレーターが対応してくれるレディースキャシングが用意されているので安心です。
※1 口座登録が必要になります。
※2 2017年1月現在

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

アコムの即日融資は、振込では平日14:00までに契約完了で可能。楽天銀行の口座なら曜日を問わず24時間最短1分で振込が可能。(メンテナンス時間を除く)即日カード発行して即日融資を受ける際も契約完了で最寄のむじんくんで可能です。
知名度の高さ・即日融資のスピード・方法ともに申し分ないアコムにも最大30日金利ゼロサービス※1があり利息が少なくなります。クレジットカード審査に困っている方はキャッシング機能付のアコムマスターカードをカードローンの審査で申し込み可能。
※1 35日毎返済を選択した場合のみ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

モビットの即日融資は、振込では平日14:500までに契約後振込手続き完了で可能※1。即日カード発行して即日融資を受ける際も契約完了で最寄のローン申込機で可能ですただし、モビットの場合はATMを併設していませんので、カード発行後最寄の提携ATMでキャッシングする必要があります。
知名度の高さ・即日融資のスピード・方法ともに申し分ないモビットですが、無利息サービスがないのが残念。しかしモビットには電話連絡なし・郵送物なしで申込める『WEB完結』が人気になっています。誰にもバレずと言う事で人気になっているのですが実はこれはプロミスでも可能です。
※1 融資時間は14:50迄の振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合もあります。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

即日融資の可能性の高いカードローンの見分け方

審査スピードが早い

審査スピードは複数回同じ所に申込んでみなければなんとも言えませんが、理論的には早さが分かる理論があります。それは、

 

 

保証会社に保証業務を委託しているか否か?


で見極める事ができます。銀行カードローンは個人への無担保融資の歴史が浅く、審査をこの分野で実績のある大手消費者金融に委託しています。となると自動的に銀行カードローンに申込むと

銀行カードローンに申込⇒大手消費者金融で審査⇒結果を銀行へ⇒申込者に結果通知

となりますので時間が掛かるのは目に見えてますね。逆に大手消費者金融は

大手消費者金融に申込⇒審査⇒申込者に結果通知

実にシンプルで早いのが分かります。自社申込では保証業務ではないので銀行の保証業務よりしっかり審査してもらえることも分かります。

大手消費者金融の主な保証業務請負カードローン
  • プロミス
  • 住信SBIネット銀行『MR.カードローン プレミアムコース』、ジャパンネット銀行『ネットキャッシング』、三井住友銀行『三井住友銀行カードローン』、横浜銀行『横浜銀行カードローン』、みなと銀行『カードローン「Qポートネオ」』、福岡銀行『福岡銀行カードローン』、愛媛銀行『ひめぎんクイックカードローン』、トマト銀行『トマト・カードローン「キューリ」』、北洋銀行『スーパーアルカ』他

  • アコム
  • じぶん銀行『じぶん銀行カードローン』、ソニー銀行『ソニー銀行カードローンMONEY Kit』、三菱東京UFJ銀行『三菱東京UFJ銀行カードローン』、常陽銀行『キャッシュピット』、足利銀行『あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca』、広島銀行『ハローローンワイド』、中京銀行『中京銀行カードローン「C-style」』、第三銀行『第三銀行カードローン「SUN」』、北海道銀行『ラピッド』他
  • モビット
  • なし(エム・ユー信用保証株式会社に業務移管した為)

金融機関への振込可能時間が長い

これははっきりと結果が出ています。銀行カードローンは午前中に審査が完了しないと当日の他行への振込融資は不可能になってしまいます。同行口座であればもう少し時間が延びるところがありますが、まぁ昼までに契約完了していなければなりません。

 

しかし大手消費者金融では大体が

 

 

平日14:00までにオンライン契約完了していれば可能です。


もちろんその後14:50までに振込融資の申込をしなければ金融機関の営業時間を過ぎてしまいます。

24時間振込サービスのあるカードローンなら契約完了で即日振込可能

平日の14:00が即日振込の契約リミット時間の目安ですが、24時間振込サービスのあるカードローンならこのリミットを過ぎても金融機関の休日の日でもオンライン契約が完了すれば24時間振込融資が可能です。

 

以下の銀行口座を持っているなら24時間振込サービスの利用が可能になります。

  • 三井住友銀行口座・・・プロミスで可能※1
  • ジャパンネット銀行口座・・・プロミスで可能※1
  • 楽天銀行口座・・・アコムで可能

※1 口座登録が必要になります。

自動契約機が多数あり即日カード発行が可能

銀行カードローンはほぼネット申込後にカード郵送で自動契約機がありません。(ごく一部だけあるところもある)よって土日祝日や振込可能時間を過ぎると即日融資は不可能になります。

 

また自動契約機にATMが併設してなければ、即日カード発行できてもキャッシングするのに提携ATMがある場所まで移動しなければなりません。併設していればその場でキャッシングが可能ということになります。

自動契約機のあるカードローンと設置店舗数
カードローン名 自動契約機設置店舗数 内ATM併設店舗数
プロミス 1,700店舗 1,694店舗
アコム 1,109店舗 1,109店舗
モビット 435店舗 なし
アイフル 911店舗 480店舗
レイク 763店舗 759店舗
三井住友銀行カードローン 1,371店舗 1,371店舗
三菱東京UFJ銀行カードローン 642店舗 642店舗
プロミスの自動契約機

 

プロミスの店舗はBOX式(省スペースに自動契約機のみを設置する形式)がないため、必ずATMが併設されているので便利です。自動契約機の操作性にも優れており、迷うことなく手続きを進めることができます。

 

ATM併設されていない4店舗は計算センターなどの店舗型でない店になります。

アコムのむじんくん

アコムの店舗もむじんくんとATMが併設されている為に、即日カード発行後に手数料無料で即日キャッシングが可能です。

 

むじんくんも使い易く、消費者金融で唯一クレジットカードを発行しているアコムは、マスターカードを即日発行できるむじんくんを設置している店舗もありますので、クレジットカードの即日発行も可能です。

モビットのローン申込機

 

モビットの店舗はほとんどがBOX式なので、全ての店舗においてATMがありません。なのでカード発行できても必ず提携ATMへ行ってキャッシングしなければなりません。ローン申込機自体はしっかりとした作りになっていますので操作性などの問題はありません。

アイフルの自動契約機『てまいらず』

アイフルの自動契約機『てまいらず』設置店舗は、店舗型とBOX型の数が半々くらいになっていますので、50%の確率で近くのATMにキャッシングしに行かなければなりません。また『てまいらず』はFAXと電話を駆使した申し込み形式になっていますので、少し操作手順が分かりづらいという難点があるかもしれません。

カードローンの即日融資は通常とは異なる条件がある

キャッシングの場合は分かりやすい条件で借りられることも多いのですが、カードローンの場合は即日融資の条件が結構難しくなっています。どのような条件で利用出来るのかを知らなければなりませんし、対応する部分も結構複雑なことになるため、即日の場合は大変なことも多くなります。ですので

 

 

少しでも早めに行動することと同時に、受けるためには自分も動かなければならないと考えてください。


カードローンの即日融資では今や即日振込という方法もある

カードローンの即日融資は基本的にカードを発行しなければ利用できませんが、振込という方法で行ってくれるカードローンも今や消費者金融や一部の銀行カードローンでは常識になっています。

カードローンの即日振込の手順

カードローンの即日振込は平日12時までに審査を経て契約を完了させていることが条件大手消費者金融などは大体平日14:00までと長い時間可能)であり、申込みはそれよりもかなり早い時間にしなければなりません。

 

携帯電話に連絡して貰えるようにすると、割と早く審査を完了させることができます。収入証明を提出しない(希望額を小額にする)ようにして、少しでも時間を早めるという選択肢もあるでしょう。審査が完了すると連絡が入りますので、速やかに本人確認と在籍確認をしてもらいます。

 

本人確認が終われば契約となりますのでその場合振込みを口頭で伝えるか、振込手続きができる会員ページにログインできるようにしてもらい、振込手続きを完了させれば数分後にはあなたの反映されます。

もちろんカードを即日発行して融資を受ける方法もある

もちろんカードを当日に発行することが出来れば即日融資は可能です。そのためには早めに審査を受けなければなりません。

カードローンの即日カード発行の手順

審査完了までの手順は即日振込みと同じです。在籍確認は

  • その場で済ませる場合
  • 自動契約機で済ませる場合

の二通りあります。どちらかはカード会社によって違いますのでカード会社から電話が掛かってきた際に自動契約機でカード発行したいと希望を伝えた上で在籍確認の案内を受けてください。

 

指示を受けた上で自動契約機へ向かいましょう。近くに対応している自動契約機が無い場合は無理なので何処にあるのかを調べておくといいでしょう。自動契約機でカード発行したいと伝えた際に最寄の自動契約機の案内を受ける事もできます。

 

そして自動契約機でカードを発行し、それを利用してお金を手に入れることとなります。

 

 

  • 早めに行動することは第一に考えつつ
  • すぐに審査を終わらせるにはどうすればいいのかを知っておく

ことが大切です。後は自動契約機や銀行の場所を把握して営業している間にカードを発行することです。