カードローンの基礎知識

みなし弁済と過払い金返還請求の争点とは?

投稿日:

現在ラジオCM等で頻繁に耳にすることが多い「過払い金請求」ですが、法律の解釈を含む問題なので、その請求自体が認められるか否かについては、いくつかの争点があります。

 

過払い金請求すれば確実に返還されるのかなぁ?


争点となるポイントって?

その1つが、かつて貸金業規制法に存在した「みなし弁済」という制度についてです。「みなし弁財」とは、現在は既に全て撤廃されたものですが、以前の貸金業法に存在したもので、お金を借りる側の消費者には大変不利な制度でした。

 

あの当時おまとめもできずに複数件のカードローンの返済をしてたよなぁ・・・


「みなし弁財」は、過去のグレーゾーン金利を助長していたもので、大きな社会問題となったことから、最高裁判所によってその適用を否定され、その後の貸金業法の改正により撤廃されたものです。

 

お客さん、借換えもできないんじゃウチで返済し続けるしかないでしょ!


「みなし弁財」とは、貸金業者が利息制限法の上限金利を超える利息を受けても、借りた側が利息の支払いと認識して約定利息を支払ったことや借りた側が任意に約定利息を支払ったことが認められれば、

 

有効な利息の弁財があったと「みなす」という制度でした。


しかし、借りた側は請求された利息が法定金利の上限を超えたものであるかどうかなど知る由もないのが常です。このような状況では知らずに「任意に」支払っていたにすぎないのです。

みなし弁済廃止から過払い金返還請求へ

10年ほど前までは、この「みなし弁財」を利用し、利息制限法を超える出資法の上限金利であった29.2%を解釈上の上限として利息を取っていたのです。

 

ヒヒッ、オレ達に都合の良い法律だから知らない客は馬鹿をみるなぁ・・


そして、平成18年1月に、最高裁判所は「利息制限法を超える利息を支払っていても、それは任意の支払いとはいえない」と任意性を否定し、「みなし弁財は成立しない」と判決を下したのです。

利息制限法の利息上限は、その貸付け金額によって、15%~20%と定められていました。もう一つの出資法の上限金利は29.2%で、その差を金利のグレーゾーンと呼ばれていました。

 

過払い分は必ず返還させてみせるぞぉ!


その差にあたる利息を取っても、それは任意に支払ってもらったもので「みなし弁財」が適用されるものだと主張してきたのが各貸金業者でしたが、その根底を覆す判決が出た以上、それに従うしかないのです。

「みなし弁財」という罰則規定が無かったことを上手く利用して、貸し手側が良いように解釈し扱ってきたこと、それ自体が現在の「過払い金請求」の根底にあるものなのです。

借金に困った時の体験談

おまとめローンの審査通過で食費にも余裕ができた

 

今日は、すごく美味しそうなおせちを見つける事ができました。おせちも、やはリ日頃から食べないようなものを試していきたいなと思ったりしているのです。

なので、おせち料理も家族がびっくりするようなものを注文したいなと感じました。家族が絶対に食べた事がないようなものと言うと、中華のおせちがありました。

家族みんなは、やはりおせちは和食だと思っています。それが普通なのですが、最近は色々な種類のおせちがあるのにびっくりしてしまいました。でも、きっとそういうおせちも人気になってきているんだろうなと思いました。

これから、中華のおせちの予約をしておきたいなと思います。家族が食べれるぐらいの、ボリュームのあるおせちです。なので、注文をして早く食べたいという気持ちになったりしているのです。

肉団子やエビチリが入っているような、おせちを食べてみたいなと感じました。おせちランキングでとりあえずチエックをしておこうと思います。先日おまとめローンの審査にも通ったので食費にも少し余裕がでると思います。


-カードローンの基礎知識

Copyright© 即日融資ガイド※すぐ借りれる手段のあるカードローンはプロミス , 2019 All Rights Reserved.