こんな方におすすめのカードローン

年金受給者はカードローン利用が可能なのか?

投稿日:

年齢制限の問題

会社を定年退職して年金暮らしになった場合、他の収入が無ければ年金だけに頼る生活になりますが、その場合に消費者金融の利用が可能かどうかといえば、ほとんどの場合は消費者金融の利用が出来ないことが多いと言えます。

これには理由があり、一つが年齢制限によるもの、もう一つが収入が年金しか無いということが問題となるためです。まず年齢制限に関しては、消費者金融の場合はほとんどが69歳までの利用を対象者としています。これは年齢制限を設けなければ、

 

融資したお金を回収できなくなるリスクが高くなるためです。


その為69歳を超えてしまった年金受給者の場合には、もし仮に他の収入があったとしても年齢制限で審査対象外となるため、消費者金融の利用は出来なくなります。次に収入が年金のみの場合、本来であれば安定した収入として年金も総量規制の対象となるのですが、

 

ここで問題となるのが仕事をして得ている収入ではないと言うことです。


消費者金融の場合には、審査の対象となる収入は働いて得ている安定した収入であることが審査の対象となるため、年金収入がいくら安定していたとしても審査を行ってもらえないわけです。

年金受給者の仕事の有無による影響

しかし年金収入を得ながら会社勤めやアルバイト、パートといった仕事をしている場合には、年金受給者であっても消費者金融の利用が可能になります。ただし年齢制限が絡んでくるため、年齢制限の年齢に達した時点で消費者金融の利用が打ち切られることになります。

では消費者金融以外にお金を借りる方法があるのかというと、最も確実なのが公的に認められている年金担保融資制度の利用です。これは受給されている年金を担保にしてお金を融資してもらう方法ですので、

 

年金受給者であれば誰でも利用することが可能になります。


この場合には融資額は10万円から最大で200万円までとなり、受給している年金の0.8倍までの利用が可能になります。金利も1.8%と非常に低い金利のため、年金受給者でも安心して利用できる制度ではないでしょうか。

-こんな方におすすめのカードローン

Copyright© 即日融資ガイド※すぐ借りれる手段のあるカードローンはプロミス , 2019 All Rights Reserved.